情報発信から商品開発に発展し商品が生まれた例

私が関わっているプロジェクトなのですが、こんな商品が誕生しました。

このプロジェクトが実現したいきさつは、詳しくは、お会いしたときに聞いてください。

ブログを立ち上げて、このプロジェクトの代表の方の発信を、私がブログに載せていったことがきっかけで、ブログ開始から約2年で、町の新名物の開発までたどり着きました。

このプロジェクトでわかったことは、とにかくオープンに、物事をよくしたいという思いを持って、地道な歩みを続けていけば、思わぬ展開が待っている場合があると言うことですね。

もし、なにか、物事をよくしたいという思いがある方は、恐れずに、下手くそでも不器用でもいいので、まずは、発信を初めてみることをオススメします。

これは、Web集客にも言えることだと思います。

この記事を書いた人

アバター

1981年福島県生まれ。東京在住。都内でホームページ制作、ホームページの運用サポートを行っています。